攻めの姿勢

この時期は、さらっと表面を撫でるだけの勉強をしがちです。

ここで守りに入らないことが大事です。
間違いを恐れず、問題に真正面からぶつかりましょう。
「攻め」の姿勢で。

ではでは。